身体の部位ごとの黒ずみ対処法

プリッとしたお尻、黒ずみないお尻をめざして

私のお尻はお肉があまりついておらず、いわゆる座布団尻でした。
スキニーデニムをはいてもお尻が出ていないので、メリハリがない。
ワンピースやタイトスカート時も同じくでお尻がプリッと出ていないと決まらないスタイルってけっこうあります。

 

座布団尻っていやだな、とずーっと思っていたものの、だからといってヒップアップの体操をするほどでもないし、マッサージするほどでもないかと諦めていました。
しかし産後、骨盤の緩みで膝が痛くなったのを機に骨盤を支えるために、日々骨盤ガードルを履くようになりました。
すると、約2年ほどその骨盤ガードルを愛用していたらはいていないときでもお尻が座布団尻ではなくなっているのです。

 

正直びっくりしました。ガードルにそんな効果まで望んでいなかったので、棚からぼたもち状態です。
ワンピースやタイトスカートをはいてもいい感じでお尻の曲線が生まれますし、スキニーデニムもお尻がプリッとしているだけで、スタイルよく見える気がします。
まさか、骨盤を支える目的ではいていたガードルが座布団尻から卒業させてくれるなんて。今では、骨盤を支える目的プラススタイルがよく見えるようにとガードルを履くようにしています。
もうひとつの悩みはお尻と太ももの境目の下着の跡が黒ずんでいる点です。

 

そこで、毎日お風呂上がりに顔に使い終わった化粧水のコットンを捨てる前にささーっと黒ずんでいる箇所に塗り込みました。
長く続けていくとだんだんとゴワゴワして触り心地の境目がつるっとなり、最終的には黒ずみも緩和されていました。
お尻の黒ずみの取り方は→のサイトを参考に対処しました。 →お尻の黒ずみを取る方法

 

それ以来、シートマスクや手に残った乳液など、できる限り黒ずんだ箇所に塗り込むようにしています。
今更誰かに見せるお尻なわけではないのですが、やはりキレイでいい形のお尻の方が自分も気持ちがいいです。